PERSON / INTERVIEW

BIG品質を伝える担い手として
モノづくりに貢献していきたい。

市野 幸司
岡山営業所
法学部 法律学科 / 2014年入社

Q1. 現在のお仕事内容を教えてください。

さまざまな業種に自社製品を提案。

入社後2年間の大阪営業所勤務を経て、現在は岡山営業所に勤務しています。営業職の主な業務は外回りで、代理店や販売店、工場などを1日に5軒ほど訪問し、自社製品の提案や選定、お問い合わせへの対応、特殊品の仕様打ち合わせなどをしています。

BIGのツーリングをお使いいただいているユーザーは、自動車や船舶、航空機など多岐にわたります。そのため私たち営業職には、自社製品や切削加工に関する知識はもちろんのこと、さまざまな業界の情報や知識も必要です。覚えることが多くて最初は大変でしたが、ツーリングという、身のまわりのほとんどの製品が作られる現場で必要不可欠な工具を扱う私たち営業職は、いわば、モノづくりの川上で多種多様な業界と関わることができる面白い仕事です。私が就職活動時に抱いていた「仕事を通じて社会貢献したい」という使命感は、BIGの営業の仕事で実現していけるのではないかと思っています。

Q2. 職場の雰囲気はいかがですか?

自発的に仕事に取り組める社風。

BIGはトップダウンで指示が降りてくるというよりも、「自分で考え結果を出す」ことができる会社です。私が所属している岡山営業所は所長を含めて4名が在籍しており、個人の裁量に任せられている部分が大きいため、基本的に営業ルートやスケジュールなどは自分で決めています。「仕事は与えられるものではなく自分で作っていくもの」という意識が強く、その分、仕事への愛着も強いかもしれません。

もちろん入社時からすべて自発的にできていたわけではなく、最初は先輩や上司に「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」をまめに行っていました。徐々に知識が増え経験を積んでいくにつれて、「BIGらしさ」が自然と身についていったように思います。もちろん今も、営業所内でスタッフ同士が互いの状況を共有し、所長が見守ってくれているからこそ、自分らしくのびのびと働けていると思います。

Q3. 最もやりがいを感じるのはどういった時ですか?

自らの手で深耕拡大できた時。

先日、お客様から「複雑な加工に人手も時間も取られ、作業効率が悪くて困っている」というご相談を受けました。解決方法として当社のFAシステム・ソフトをご提案したところ、工場の機械稼働監視システムとして採用していただき、大きな売上につながりました。既にBIGのツーリングをご愛顧いただいていたお客様でしたが、ソフトの導入は初めてだったので、こちらからの提案やこれまでの営業活動で築いた関係性をご評価いただき導入につながったことがうれしかったです。稼働後にお伺いしたところ、実際に作業効率がアップしたという喜びの声をいただくことができました。

深耕拡大に欠かせないなのは、やはり人と人のお付き合い。営業の醍醐味はまさにそこにあります。私が担当している岡山もそうですが、地方では特に企業同士の横のつながりが強いため、1社で導入していただいたことをきっかけに取引が数珠つなぎに広まっていくことがあります。製品を信頼していただくと同様に、人と人との信頼関係を築くことが大事だと実感しています。これからも、BIG品質の伝え手として成長していきたいです。

Q4. 今後の目標・展望についてお聞かせください。

視野の広い営業職を目指しています。

まずは日々の業務ひとつひとつに丁寧に取り組みながら、仕事のスタイルを確立し、営業職として一人前になることが目標です。

ツーリングそのものはとても小さな工具ですが、BIGという会社は、製品開発の面でも事業拡大の面でも大きなチャレンジをしています。私もその一員として、これまでにない画期的な新製品やプロジェクトに貢献していきたいです。そのために、営業職としてできることは、日々お客様のもとに足を運んでお話しする中で、自社製品についての感想や意見だけではなく、生産管理や金属加工現場でのお困りごとを聞き出して、社内にフィードバックしていくこと。そこからユーザーの意見を反映した製品の誕生につながったらと思います。

今は営業として社外のお客様と接することが多い毎日ですが、ゆくゆくは、営業として外にアピールする立場だけではなく、BIGのモノづくりを幅広い視野で把握できる人材になりたいです。製品企画や現場の生産管理などについても理解が深まり、モノづくりの現状を内外から把握することができるようになれば、「今、BIGに何が求められているか」を多角的に考えられるようになり、「強い」営業職に成長できるのではないかと感じています。

先輩からのメッセージ

誇りを持って働ける仕事と出会うために。

BIGにはモノづくりこだわってきた歴史があり、それを「BIG品質」として評価していただけている土壌があるので、メーカーの営業職としては働きやすい会社です。入社1年目の頃もこの青いジャンパーを着て取引先に行くと、ひと目で「BIGさんの新しい担当?」とすぐに話を聞いていただけました。高品質を維持しているのでお客様からクレームをいただく機会も少ないですし、製品ラインナップの広さや製品供給が安定していることにも助けられ、自社製品に誇りをもって働けています。

私自身、就職活動を始めた頃は漠然と「メーカー志望」でしたが、仕事を通じて自分は何を実現したいかということを突き詰めていくうちに、ツーリング業界にたどりつき、国内No.1であるBIGを志望するに至りました。今、その選択が正解だったと実感しています。みなさんも自分がやってみたいことを軸に視野を広げてみてください。きっと、「ここだ!」という会社に出会えるのではないでしょうか。

ある1日のスケジュール

8:00
出社 定期的にデスクまわりや営業所内の掃除をします。
8:20
朝礼 スタッフ間で連絡事項の周知をしたあと、各自業務へ。
前日から積み残し、メールチェック、見積もり作成など。
10:00
営業 代理店や販売店を訪問して情報収集。
12:00
ランチ ほぼ出先で外食です。
13:00
打ち合わせ 新規設備でのツーリングの選定、打ち合わせ。
14:00
商品PR エンドユーザーへの新商品PRなど。
16:00
仕様確認 お客様が検討している商品の仕様確認。
17:00
帰社 商品の出荷、見積作成、技術部への問い合わせ、商品手配。
19:30
退社
21:00
趣味 週に一度はゴルフの練習へ。
24:00
就寝